最新情報

2015年2月14日
未分類
おっぱいについての悩み
女性の中でおっぱいが大きいや小さいなどの理由でコンプレックスを抱いている人は物凄いいると思います。特に小さいといういわゆる貧乳と呼ばれる方がコンプレックスとして抱く事が大きいと思います。大きいのがコンプレックスというのは・・・
2015年1月16日
未分類
小学校の俺得修学旅行
今からもう何十年も前になるが小学生の時に俺得修学旅行で長崎に行った。平和公園、原爆資料館、グラバー園、大浦天主堂、島原などを観光した。その俺得修学旅行で記憶に残っている事が2つほどある。ひとつはバスガイドさんから次の目的・・・
2014年11月20日
未分類
俺得修学旅行の旅の宿にて。
今思い出しても不思議な光景がある。 それは高校のときに俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!~にというコミックに出ていたような似ている鹿児島の旅館でのこと。私たちの前にはずらりと食べきれないくらいの量のごちそうがならんでい・・・
2014年9月17日
未分類
少女コミックとTLコミック
気になっています。少女コミックとTLコミックの違いとは何でしょうか? エロさの描写の有り無し これが全てだと思います。 一方で共通点は何なのかを考えてみました。それは下記のとおり。 主人公は女の子。 ストーリーは恋愛。 ・・・

おっぱいについての悩み

女性の中でおっぱいが大きいや小さいなどの理由でコンプレックスを抱いている人は物凄いいると思います。特に小さいといういわゆる貧乳と呼ばれる方がコンプレックスとして抱く事が大きいと思います。大きいのがコンプレックスというのは中学生などの成長期で自分だけ発育が良いと何だか恥ずかしくなってしまう事がありますが、大人になればむしろこれは自分の武器となる事は間違いないと思います。
ただ、巨乳というのは非常に肩が凝るそうで羨ましがられる中でも苦労はあるそうです。
では何故、今回おっぱいについての悩みを書いていこうかと思ったのは実はぱいパニックというコミックを最近読んだ事から始まりました。主人公の男性は特にかっこ良くもなくて仕事もできる訳ではないのですが、いつも職場にいる可愛くておっぱいがでかいヒロインの子とエッチにこぎつけてしまっているのです。読んでいるこちらが羨むほど気持ちよさそうでたまらないのです。できる事なら一度自分も同じようなシチュエーションで体験してみたいなと思いました。
あとおっぱいの大きさ以外だと乳輪の大きさや乳首の色でコンプレックスを感じる人がいると思います。乳輪の大きさはできる限り小さめで乳首の色は限りなくピンクに近い色の方が良いのですが、なかなかそういった逸材というのは存在しないのです。平均的な乳輪のサイズは10円玉くらいで、それが大きい人だとコースターサイズの人もいるのです。尚、よくいわれるのがおっぱいが大きい人ほど乳輪のサイズがでかいと言われていますがほとんど正解に近いと思います。もちろんおっぱいが大きくても10円くらいの理想的なサイズもいますが…。続いては乳首の色です。これはサーモンピンクと言われる色が好まれるのですがだいたいがベージュ、茶色系に近いのです。そして子供を出産をするとかなり黒ずんでしまうようなので、出来る限りピンク色に近い方が人気が出ます。
今回は女性の胸について激しく、そして熱く語ってしまいましたが皆さんはご理解いただけましたでしょうか?

小学校の俺得修学旅行

今からもう何十年も前になるが小学生の時に俺得修学旅行で長崎に行った。平和公園、原爆資料館、グラバー園、大浦天主堂、島原などを観光した。その俺得修学旅行で記憶に残っている事が2つほどある。ひとつはバスガイドさんから次の目的地(確か平和公園だったと思う)に到着する時間を当てた人には商品をあげますという提案があり、私たちはそれぞれ到着時間を紙に書いてガイドさんに渡した。目的地に到着した時間は11時ごろだった。その時間が私が予想した時間とぴったり合っていてボールペンかなにかの小さなものだったが商品を受け取った。他に当てた人はいなかったのでちょっと嬉しかった。記憶に残っている二つめは、原爆資料館だ。実はここには入りたくないと思っていたのだった。原爆の恐ろしさや悲惨さは学校の授業や映画(はだしのゲン)などでよく知っていたからだ。資料館に展示されてあるものはやはり私の想像通りだった。焼け野原になった町や焼けただれた人々の写真、丸焦げになった鍋や食器、衣類などがあった。原爆資料館を見学して何年かはそこで見たものが頭から離れず思い出されて怖くなり夜も眠れないこともあった。私にとって小学校時代の俺得修学旅行は楽しかった思い出よりも原爆資料館での衝撃の方がはるかに強かったのだった。
広島と言えばお好み焼きであるが、モダン焼きというのはどこから登場したのだろうか?その真相を探るべく、いろんなお好み焼き屋さんに謎を打ち明けてみたがどれもわからず。そして一緒に行動していたメンバーもだんだんと面倒くさいようになってしまい結局真実には辿りつけずに終わってしまいました。まあ仕方ない事だけどいつからその真相にたどり着きたいと思っています。コミックやアニメであるコナンの真実は闇の中にあるのと同じようにです。

俺得修学旅行の旅の宿にて。

今思い出しても不思議な光景がある。

それは高校のときに俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!~にというコミックに出ていたような似ている鹿児島の旅館でのこと。私たちの前にはずらりと食べきれないくらいの量のごちそうがならんでいる。少しぜいたく過ぎやしないか。そんなことを思う。それでも食べ盛りの私たちはつぎからつぎにそれらを食べつくし、一息ついているととつぜん目の前の舞台の幕があいた。

地元の旅の一座のようなひとたちの演劇がはじまったのだ。私たちは圧倒され、ぽかんとその光景をながめていた。これがお酒でも入り盛り上がった社員旅行かなにかであればやんややんやとなったであろう。しかしそのときまだいたいけな女子高生だった私たち。蛇の目の傘をくるくると回す子どもにおひねりでも投げろというのか。ほんとうによく分からない時間だった。あの光景はいつ思いだしてもおかしくて噴き出しそうになる。そういえばその温泉のお湯はかなりの塩分を含んだ泉質で、初めてその類の温泉に入った私たちは湯上りに「なにこれ!すごいべたべたする!!」と大騒ぎしたのだった。いつまでも体がぽかぽかとしてそれがかえって不快に感じていた若かりし私たち。

とにかく箸がころがっても大笑いできたあのころがなんだかとても懐かしい。

どんな時でもみんなで行く旅行というのは楽しいものです。その場所にある観光名所やご当地のご飯。そして温泉。夜はお酒を飲みながら宴会!普段なら話せないような内容についても話したりと盛り上がるのです。今の仕事が落ち着いたらまた俺得修学旅行のように楽しみたいなと思っています。

少女コミックとTLコミック

気になっています。少女コミックとTLコミックの違いとは何でしょうか?

エロさの描写の有り無し

これが全てだと思います。

一方で共通点は何なのかを考えてみました。それは下記のとおり。

  • 主人公は女の子。
  • ストーリーは恋愛。

さて、今回お勧めしたいなと思ってたのが保護者失格。一線を越えた夜 | TLコミック1位を特集という作品名です。

ストーリー

幼い頃に両親を事故で亡くしたちづるは、叔父である幸久に引き取られ2人での生活を送る。そして20歳を迎えたちづるは隠している事を打ち明ける。それは叔父の幸久を家族としての好きではなく、異性としての好きとなっていた事を。すでに一緒に暮らして数十年も経っているのに突然のカミングアウトに戸惑いを隠しきれない幸久。しかし、強引にキスをしてくるちづる。そんな気持ちに幸久はどう応えていくべきなのかを自問自答をして出して応えは受け入れる事だった。そして誰にも打ち明けられない2人だけの秘密の関係が始ったのだった。しかし、2人に立ち向かう障害は数多く。果たして無事に乗り越えられるのだろうか?

どうでしょうか?我ながらうまい具合にストーリーを紹介できたんじゃないかと自負しています。このTLジャンルは読んでいる人9割が女性と言われているんですけど、男性でも十分に読み応えのある作品でお勧めできます。もちろん肝心のエッチな描写に関しても女性作者ならではの視点でセクシーになっていて本当に個人的に大好きですね。

もちろんエッチな描写だけを求めている人であれば、そっちの作品を選ぶべきだと思います。この保護者失格を読む人はストーリー性が特にしっかりしている方が好きという人向けだと思います。

さすがにこの作品は、少女コミックで連載すると小学生も読むので刺激が強すぎて保護者からのクレームになると思うので、電子コミックとしての配信でベストなんじゃないかと考えています。本当は中学生向けのコミックであれば本としても連載してもいいとは思うんですけどね…それにはこちらにもいろいろな障害があると思うのでそこまでは対応しきれませんが…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ